BROMPTON(ブロンプトン)

brompton-main-2ブロンプトンは、デザインやイノベーションには持続性があるべきだと考えています。 自転車はディスプレイとしてではなく、日々の使用に耐えることを想定し、 実用的で信頼のおけるものとして製造するべきであると考えています。ブロンプトンでは、じっくりと時間をかけ、必要な部分に改良を加えることで、自転車そのものののデザインや品質を高めてきました。

一度に大量の自転車を製造することより、品質やデザインを高め、「より確かな技術」「より高い品質」を追求することが重要であると考えています。 そんなこだわりがあるからこそ、ブロンプトンは他の会社で自転車を製造することも、外部に製造を依頼することもしないのです。img_chronology

デザイン
全てのブロンプトンには同じ寸法のフレームが使用されています。 それはこれまで35 年の間継続され、欠かすことのなかった多くの改善や改良の証明であり、そのすべてはブロンプトンの設計者であるアンドリュー・リッチーが彼の寝室で製作した最初のプロトタイプまでさかのぼります。

近年デザインを起こすまでの工程には複雑なソフトウェアが駆使されて製作されることが多くなりました。 しかしブロンプトンの目的には、走行性能とともに容易に持ち運べる高い携帯性の双方を実現するための創造性が残されています。 ブロンプトンはすたれて古くなってしまったパーツ・デザインを新たな自転車に投入することをやめ、今なお皆さんに日々ご愛用いただいている何万台もの使い込まれたブロンプトンに、新たに設計された部品が何の問題もなく取り付けができる設計を心がけています。

brompton-main
全てのブロンプトンは共通して10-20 秒もあればタイヤよりも少し大きい程度のコンパクトな形に折りたたむことができます。 各部位は独特の折りたたみ機能に合うよう、折りたたむ時にライトやケーブルが引っかからないよう、そして服やバッグにチェーンやギアが触れないように各パーツが特別に設計されています。 折りたたんだ姿には余分な遊びや突出したパーツはなく、その姿はまるで四角い小さなスーツケースのようです。ローラーが付いているので簡単に収納でき、持ち運びもしやすくなります。 また、スタンダードリアサスペンション下部にあるリアフレーム固定部分を解除することにより、簡単にブロンプトンを駐輪することもできます。 駐輪中のブロンプトンは自立するので倒れないように手で押さえておく必要がありません。

また、折りたたんだブロンプトンの各部位は自動的にしっかりとロックされます。 そしてその折りたたみ機能の注目すべきもう一つの点は、ブロンプトンの走行性能そのもの。 ブロンプトンのフレームは伸張性の高いスチール合金鋼を使用して製造されており、デザインおよび生産段階において高い強度と剛性、優れた耐久性を保証するだけでなく、精度の高いフレームの製造も可能にしました。 高い剛性と精度によって力が効率よく無駄なく伝わることで軽快な走行を可能にしつつ、フルサイズバイクと同じホイールベースを持たせることで、スピードを出しても高い操舵性能と安定性を維持することができるのです。

  • Archives

    Calendar

    2017年11月
    « 10月  
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930